薬剤師雑談

患者さんの持参薬に驚く!!!

薬剤師の雑談シリーズです。


本日は、病院で薬剤師をしていた時の、入院患者さんの持参薬に関する話です。

病院勤務の薬剤師さんはご存知かと思いますが、患者さんが病院に入院するときには、お薬手帳と一緒に患者さんの常用薬を持参してもらう事になっている病院がほとんどだと思います。

入院時に患者さんに常用薬を持参して確認させてもらうことで、入院中の治療の妨げになるような薬を入院中は休薬してもらうことができます(例えば、オペ前患者だったら抗血小板薬や抗凝固薬を休薬する)。

また、お薬手帳で処方内容を確認することで、入院前のアドヒアランス(※)のチェックもできます(入院中お薬を看護師管理にした方がいいか、本人管理で飲んでもらっても大丈夫な人なのかの判断材料に…)。

(※)アドヒアランス:患者さんが薬の必要性について正しく理解し、正確に内服すること

 

この常用薬の確認は、「薬剤鑑別」と言われ、当時在籍していた病院では、薬剤名、代替薬の案(採用薬でない場合)、処方元、用法用量、持ち込み数、を確認するのがデフォルトでした。

普段この「薬剤鑑別」はそこまで大変な仕事ではなく、各薬袋に入っている薬剤を確認して、パソコンに入力するだけ。数十種類飲んでいる場合でも、薬局でもらった時の状態で持ってきてくれたら、そこまで苦労はしないのです。

 

しかし、この「薬剤鑑別」が薬剤師泣かせになることもあります…

 

看護師さん
これ、今日の入院患者さんの持参薬でーす。薬剤鑑別お願いしまーす。

意気揚々と看護師が持ってきたのは、白くて中が見えないタイプのスーパーのレジ袋でした。

はーい、ありがとうございます。

この時は、まだ中身が見えないので何もわからないのですが、レジ袋を手渡された瞬間、なんだか嫌な予感がしました。

 

受け取ったレジ袋から、ジャラジャラという音がするのです。

いつもなら紙袋(薬袋)が擦れるシャカシャカという音なのに…

 

ま、まさか!!!薬剤師泣かせのアレなのか!!!

(中身を確認する私)

…(オワッタ)

レジ袋の中には、服用薬剤が全て一錠ずつに切り取られて、乱雑に入っていました。

もちろんそこには薬袋もなく、5~6種類の一錠ずつの錠剤が、ただただ乱雑に無造作に広がっているのです…

現実から目を背けたい気持ちを抑えて、まずは種類ごとに分けて…持ち込み数を1つずつ数えて…なんと全部で300錠持ってきていたのです!

数えている途中も、1、2、3…と数えてると、途中で医師から「薬剤師さーん!」なんて話しかけられ、「今?え?今ですか?」と思いながら56錠目まで数えていたのを中断せざるを得ず、また1から始まるという…もう、絶望です。

結局、この作業だけで1時間弱かかりました…

それでも、数え終わったときに持参薬の持ち込み錠数にバラツキが少なくて、コンプライアンスが良い事が確認できると、「薬分かって飲んでるんだな、やるじゃん!」と思い、患者さんが間違いなく薬を飲めていることに安心もするのでした。

P.S.

そういえば…こんなこともありました。

高齢男性(70歳くらいだったかな)の持参薬を看護師さんから渡されて、いつも通りに薬剤鑑別をしていました。

ところが、最後の薬袋だけなんか違うんです、形状が。明らかに薄いんです。

空の薬袋かな、と思って薬袋開けて見てびっくり。中にはなんと、エッチなDVDが入っていました。

ご家族もそんな所に隠しているなんて思わないでしょうから、とても良い隠し場所なんだろうとは思いますが…

隣で見ていた先輩薬剤師が、ボソッと「それが一番の特効薬かもな。」と呟いたことは、忘れません。

関連記事

  1. 「知らんがな!」調剤薬局の日常光景

  2. 薬の取り違え

  3. 「いっけなーい」シリーズ薬剤師編

  4. 「おくすり手帳」にこだわりのある患者さん

  5. 病院薬剤師なら痺れに強くなきゃ

  6. 宇宙の力を使える患者さん

PAGE TOP