薬剤師雑談

薬剤師の単発派遣は楽しい!高額時給の仕事も!?

派遣の仕事の一つに単発派遣という働き方があります。

  • 専業主婦でも都合のつく日だけ
  • パートならシフトのない日だけ

育休中でも状況によっては働けちゃいます。

一日だけの就業となるので、それなりの対応力は求められますが、調剤薬局の経験があればどこも基本的には同じ。

調剤業務を経験している薬剤師さんであれば、レセコンやローカルルールなど、薬局によって異なるポイントを押さえられれば、さほど難しいことではありません。

むしろ色々な処方に触れ、色々な薬局に触れることで、自分も刺激になるので私は単発派遣の仕事が結構好きだったりします。

 

時給は2,600円くらいから、高いと3,800円程の求人も。

単発なのに一人薬剤師という求人もあり、そういった求人は時給が高い傾向があります。私はチャレンジしたことはないですが…

時間に融通がきくのであれば、遠方の単発求人もあり、前泊可なんて場合も(もちろん宿泊費、交通費も出ます)。

プチ旅行兼ねて私もいつか新幹線で派遣勤務しに行ってみたいです

 

また、狙い目は冬場。

薬剤師も人間なので体調を崩します。

もともと入る予定だった派遣薬剤師がインフルエンザで来られない

となると派遣会社も信用問題がありますので、高額時給にて代替の薬剤師を必死に探します。

また、勤務薬剤師の中で風邪などが流行った場合にも臨時対応力を求められる派遣会社は必死に薬剤師を探すので、時給は高めに設定されることが多いです。

そういった緊急募集は単発派遣のサイトやメルマガに登録しておくとすぐにキャッチすることが出来ます。

条件の良い求人はすぐに決まってしまうので、アンテナの感度が勝負。

 

クソ忙しい門前薬局に行って馬車馬のように投薬することもあれば、暇すぎてお菓子いただきながら、軟膏予製で終わるようなこともあります。初対面の薬剤師どうしでの交流を楽しめる日もあれば、塩対応されることもありますが、なかなかどうして、楽しい単発派遣。

 

冬場から花粉にかけては通常も単発も派遣求人がぐっと増えてくるので、力試しに挑戦してみるのも良いかも知れません。

関連記事

  1. 薬の取り違え

  2. 患者さんの持参薬に驚く!!!

  3. 「知らんがな!」調剤薬局の日常光景

  4. 患者さんが知り合いだった!

  5. 「おくすり手帳」にこだわりのある患者さん

  6. 日本調剤が調剤薬局業界で初の「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付…

PAGE TOP