薬剤師の転職お役立ち情報

薬剤師の年収を上げる方法_アイキャッチ

現役薬剤師/薬局人事の語る薬剤師の給与アップ方法まとめ

薬剤師の方にとって最も興味があるのは、他の薬剤師はどれくらいの給与をもらっているのか?どうやったら給与を上げる事ができるのか?という事ではないでしょうか?もちろん給与以外にもやりがい、スキルアップ、地域医療への貢献など薬剤師のキャリアにとって大事な事はたくさんありますが、やはり給与も大事な要素ではあります。
今回はそういった方々向けに、私の勤務薬剤師、及び大手薬局採用担当、薬剤師人材紹介会社のキャリアコンサルタントとしての経験を元に、薬剤師が給与を上げる方法を網羅して書かせて頂きます。

薬剤師の男女別/年齢別の平均給与の統計を見てみると?

まずは自身の給与と他の人を比較してみましょう。

厚生労働省の統計を見ると、薬剤師の平均年収が分かります。ざっくり言うと、薬剤師の平均年収は男性575万円、女性525万円です。普通のサラリーマンと比較すると、比較的高めです。でも、男女別及び年齢別では大きく異なっています。

最も高いのは40歳-44歳の男性で724万円で、男性の場合は40代がピークとなります。一方女性は55-59歳がピークとなります。おそらく、女性の場合は30-40代の間はパートで働く方が多いからでしょう。

自身の年収と比較してみていかがでしょうか?

男性薬剤師の年齢別給与グラフ

女性薬剤師の年齢別給与グラフ

年齢 男性 女性
20 – 24歳 350万円 359万円
25 – 29歳 465万円 475万円
30 – 34歳 575万円 494万円
35 – 39歳 657万円 537万円
40 – 44歳 724万円 557万円
45 – 49歳 683万円 587万円
50 – 54歳 664万円 593万円
55 – 59歳 585万円 616万円
60 – 64歳 604万円 605万円
65 – 69歳 506万円 507万円
70歳以上 571万円 341万円
平均給与 575万円 525万円

 

なお、こちらの数字は平成29年度賃金構造基本統計調査という、労働基準監督署による実際の給与の統計ですので、正確性は高いです。
計算方法は、「きまって支給する現金給与額」×12ヶ月に、年間賞与その他特別給与額を足して計算しています。

次からは、具体的に年収を上げる方法を記載していきます。

現職への交渉や、管理薬剤師等になって役割を広げてみる

まず一番身近なのは、現在の職場や上司に交渉するという方法です。その際に単に給与を上げて欲しいとは言っても難しいので、会社の評価のタイミングで、自分は前と比較して◯◯ができるようになった、自身は今年◯◯で貢献できた、という実績を元に交渉する事が大事です。

例えば、在宅の案件を対応する事ができるようになった、調剤過誤を発見した、電子薬歴を使えるようになった、かかりつけ薬剤師の点数を多く取得した、などといったことを定量的にアピールすることが大事です。

ただし、、、薬剤師は控えめな方が多いので、自分からアピールすると言う事は非常に難しく感じるかもしれません。私も勤務薬剤師の時にそういったアピールをした事はありませんし、人事をしていた時もそういった話はほとんど聞いた事はないですね。

可能であれば、現職で役割を増やすという事でも解決可能でしょう。例えば、もし大手調剤薬局にお勤めであれば、管理薬剤師になったりエリアマネージャーになったりすれば役職手当がつきます。ただし、中小薬局にお勤めの場合は、管理薬剤師くらいしかポジションが無い場合が多いので、やや難しいでしょう。

パート薬剤師の場合は働く時間を増やす

もしパートとして働く薬剤師なのであれば、単純に働く時間を増やすことも一つの方法です。パートの場合、平日午前だけしか入りたくない、子供が学校に行っている間だけしか働きたくないというママ薬剤師も多いので、それ以外の時間にフレキシビリティー高くシフトに入る事ができれば、時給が上がりやすいです。

もし薬局が派遣薬剤師を使っている場合は、派遣薬剤師の時給はパート薬剤師よりも300~500円は高いので、派遣薬剤師が入っているシフトに自身が入ることができれば、より交渉力はあがります。

とはいえ、パート薬剤師の力はあまり強くないので、現職と交渉するというのは精神的にも困難かと思います。

違う業種(ドラッグストア/中小薬局等)に転職する

業種を変える

  • 転職をして業者を変えると言うのも一つの方法です。業種別の年収帯は下記の通りです。
    • ドラッグストア:500万円~650万円
    • 薬局(大手):500万円~600万円
    • 薬局(中小):450~700万円
    • 病院:400万円~550万円
    • CRO:400万円~800万円
    • SMO:350万円~700万円

一般的には、ドラッグストア→調剤薬局→病院の順番で年収は高いです。特にドラッグストアと中小薬局は狙い目です。病院薬剤師であれば、転職すれば給与は50万円~100万円程アップする可能性が高いです。

ドラッグストアは商品の積み下ろし等の調剤と余り関係の無い業務を振られるというイメージがあるので、あまり人気は無いですが、実際はそういう事はあまりありません。薬剤師の採用というのは調剤事業への進出を進めているドラッグストアにとって最も大きな課題ですので、実際には薬剤師に嫌われる事をしないようにという指示が出ている会社は多いです。

調剤薬局は、大手は給与テーブルが定められていて、福利厚生が良いというメリットは有るものの、かなり長期で勤務しないとなかなか給与は上がりません。一方中小薬局であれば、オーナー次第で給与は自由に決められるますので、交渉次第では600万円以上を得る事も可能です。しかし、その交渉を自力で行うとなかなか難しいので、交渉のプロである転職エージェントを利用した方が良いです。実際、懇意にしている転職エージェントからのお願いであれば、有利な条件を飲んでくれるというケースは多々あります

CROの場合、中途採用では未経験者を取る事はほとんどありませんので、基本的にはCRO経験者に限定されますが、大手企業や外資系の企業に転職すると給与は大きくアップします。クインタイルズやパレクセルなど、いわゆる外資の大手CRO会社では1,000万円以上という案件もあったようです。ですので、中小のCROで経験を積んだ後に、大手や外資に移籍して給与アップというのが一般的な方法です。

また、CRO経験が無い方は、SMOでCRCやSMAの業務を経験してからCROへキャリアアップするという方法もありますね。

同業種内で職場を変える

最も一般的なのは、同業種内で転職をすると言うことでしょう(例えば薬局→薬局など)。同業種であれば転職は難しくないですし、転職後も薬剤師であれば大きく仕事内容が変わる事もないので安心です。実際、私も調剤薬局内で転職した際は、年収は50万円以上アップしました

その際、自分自身で探すよりも転職エージェントを使った方が絶対に良いです。というのも転職エージェントは交渉のプロなので、入社前に年収交渉をしっかりと行ってくれるからです。今後働く職場で交渉を自身でする勇気はあまりないですものね。。。

また、私も人事働いていたことが良くわかりますが、転職エージェントを使っている薬剤師は少なくとも3社程度に応募している可能性が高いので(仮に応募していなくても、応募してるかのような交渉を受ける事が多いです)、採用担当は採用するために自然に年収交渉に応じてしまうのです。同じような能力の薬剤師が2名いた場合でも、転職エージェントを使ってる応募者の年収は5%以上高く出していました。おかしな話だとは思いますがこれが現実なのです。直接応募する薬剤師さんは複数応募していない事が多いですし、こちらも直接話し合えますので、やはり人事の方が力が強いのはしょうがない事だと思います。薬剤師さんは交渉苦手なので。しかしエージェントを使っている場合は、やはり百戦錬磨のエージェントさんにはなかなか敵わないという事が多いです。

入社前の給与交渉はとても大事です。給与が変わるのは入社前です。入社後は、所属してしまうので前述の通り交渉は難しいですし、大手の場合給与テーブルや昇給率は制度でガチガチに固まっていたりします。何よりも自分でしなければなりません。

また、私もキャリアコンサルタントをしていた経験が有るので分かるのですが、薬局の求人リストと給与データベースを社内に持っていて、希望条件を元にそのリストから検索して、順次給与アップが可能か否かを確認してくれるのはやはり心強いです。賃貸物件の確認みたいなものですね。ですので、大手人材紹介会社を使った方が絶対に良いです。情報量が中小とは違いますので、その分有利ですから。

おすすめの大手人材紹介会社は一番下に紹介してありますので、もしよければ御覧ください。

派遣薬剤師として働いてみる

6年制導入による空白の2年間以降、派遣薬剤師を求める企業は急増し、最近では派遣で働く薬剤師というのもかなり一般的になってきています。派遣薬剤師の場合、時給の相場は2,700円~3,500円程度と、が通常のパートよりも20%~30%程度高くなっています。派遣の職場は人手不足で薬剤師が足りていない職場も多いですが、1年の充足を埋めるというような期間限定ニーズも有るので、案外お得な案件があったりもします。こればっかりは運の問題も有るので、とりあえず派遣会社に登録だけしておいて、メールマガジンを見るというのでも良いかもしれません。登録するだけならば無料ですし、面倒な事は何もありませんので。

派遣の多くは期間限定であり、どこかのタイミングで正社員やパートで充足されて契約が終わる場合も有りますが、その場合でも2~3ヶ月前にはわかりますし、その間に派遣会社が案件を探してくれるので、仕事が途切れる事は私の経験上まずないです。現状だと、必ず近場にのどこかに派遣薬剤師を探しているところはありますね。万が一見つからなかったとしても、そうしたら普通にパート薬剤師として働けば良いのでまずは派遣で探すというのは高確率で時給を上げる事は可能です。

派遣について興味がある方はこちらに詳しく書きましたので、下の記事も参照してみて下さい。

 

独立して自身の薬局を立ち上げる

最後の手段として、自身で薬局を開業すると言うこともあります。

ただし直近は中小薬局はスケールメリットが効かないため、M&Aされたり、淘汰される傾向にあるのでやや厳しい方法と言えるでしょう。大手薬局の中には、独立を希望している人を採用し、その後ノウハウを学んだ後に独立を支援するという薬局も僅かにはございますので、もしお探しの場合は転職エージェントに確認するとよいでしょう。

薬剤師が給与を上げる方法のまとめ

私がおすすめする現実的な方法は下記の3つです。

  • 業種を変えてみよう(病院→薬局/ドラッグストアなど)
  • 難しい場合は転職すべし、その際、転職エージェントと使うと有利
  • パートの場合は派遣として働くと時給は20~30%UP

薬剤師の年収を上げる方法_3つのポイント

私の転職経験とキャリアコンサルタント経験から自信を持っておすすめする派遣会社や紹介会社は下記の5つです。是非登録してみて下さい。

その際、担当との相性も有りますので、最低でも2つ以上登録する事をおすすめします。

成功するための転職サイト5選

転職サイトに登録すると、転職サポートを担当する転職コンサルタントが決まります。転職コンサルタントの質(経験、知識)と相性が大事なので、2~3社の転職サイトに登録されることをおすすめします。

どれが良いか選べないという方は、こちらでランキング形式で記載しているのでそちらを参照してみて下さい。

薬キャリ|日本最大級の薬剤師転職支援サイト

薬剤師の給与交渉は薬キャリ

「薬キャリ」は多くの医師や薬剤師会員が登録している「m3.com」を運営しているエムスリーと、看護師のキャリアサポートで業界No.1のエス・エム・エスが協力して設立したエムスリーキャリアが運営する転職サイトです。薬剤師の転職サポートでは圧倒的な実績と知名度があります。

「薬キャリ」は、なんといっても相談してから求人の提案までのスピードが速いことが特徴です。また、転職コンサルタントは地域専任となっており、業界最大級の求人情報を保有していながら、大手から地域密着型薬局まで詳細に求人情報を把握しています。
「薬キャリ」では、正社員やパート勤務の転職サポートだけでなく、派遣の紹介もしています。

登録して求人を聞いてみる

 

 

薬リクナビ薬剤師|人材業界最大手のリクルートグループが運営する【薬剤師専門】のサービス

薬剤師の給与交渉はリクナビ薬剤師

「リクナビ薬剤師」は、リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する【薬剤師専門】のサービスです。リクルートグループでは、薬剤師の他、医師、看護師など医療系全般の転職サービスを展開しています。

「リクナビ薬剤師」は、業界トップクラスの求人を保有しており、大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など、薬剤師さんの希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップしています。また、人材業界最大手のリクルートグループの運営ノウハウがあり、転職コンサルタントのサポートレベルは高いです。

登録して求人を聞いてみる

マイナビ薬剤師|丁寧な面談と確かな提案による高い利用者満足度

薬剤師の給与交渉はマイナビ薬剤師

「マイナビ薬剤師」は、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営し、さらに医療業界での採用・転職支援にも豊富な実績がある、マイナビの【薬剤師専門】のサービスです。

札幌から福岡まで全国14ヶ所にオフィスがあり、薬剤師さんと直接会って面談する姿勢を大切にしています。面談を通じて薬剤師さんの希望を的確にキャッチし、希望にあった求人の提案をしてもらえます。また、直接対面するキャリア面談のほか、電話やメールでもやりとりをすることで、きめ細かな対応にも定評があります。

登録して求人を聞いてみる

ファルマスタッフ|調剤業務を熟知した的確なニーズの把握と提案

薬剤師の給与交渉はファルマスタッフ

「ファルマスタッフ」は、調剤薬局の大手である日本調剤グループが運営しています。札幌から福岡まで、全国15ヶ所にオフィスがあり、薬剤師さんだけでなく求人企業ともしっかりと面談を実施しています。派遣サービスを提供しているため、求人企業の職場環境にも熟知しています。

「調剤薬局が運営している転職サービスだと、日本調剤ばかり紹介されるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、まったくそんなことはありません。むしろ、薬剤師さんの業務について熟知した転職コンサルタントが、薬剤師さんの希望に合わせて求人の提案をしてくれます。

「ファルマスタッフ」は、薬剤師の派遣に強く、正社員ではなく派遣社員として働きたい薬剤師さんにはおすすめです。

登録して求人を聞いてみる

ファーマキャリア|ひとりひとりの要望に合わせたカスタムオーダーの転職を実現

薬剤師の給与交渉はファーマキャリア

「ファーマキャリア」は、2015年10月と比較的最近開始されたサービスですが、大手の薬剤師転職サービスを運営する会社から独立したメンバーが運営するサービスです。薬剤師向けの転職支援サービスは数多く存在しますが、既存の転職エージェントの運営方針やサービス提供のあり方に疑問を持った転職コンサルタントが集まり、「ファーマキャリア」を始めました。

「ファーマキャリア」では、求人企業から依頼のあった求人をそのまま薬剤師さんに提案するだけではなく、ひとりひとりの薬剤師さんの要望に合わせたカスタムオーダーの転職を実現します。

業界大手ではありませんが、なかなか希望に合致する求人が見つからないと思っている方にはおすすめです。

登録して求人を聞いてみる

関連記事

  1. 薬剤師の転職活動で知っておきたい、転職活動で成功するための3つのポイン…

  2. 日本調剤が病院向け「産休・育休代替薬剤師派遣サービス」を開始

  3. 薬剤師が派遣として働くメリット・デメリット

    薬剤師が派遣として働くメリット・デメリット

  4. 薬剤師の職場/職場別のお仕事内容/給与水準

  5. 薬剤師向け転職サイトの選び方

    転職サイトってどう選ぶの?転職サイトの選び方を解説します!

  6. 直接応募?知人紹介?人材紹介?薬剤師の転職方法を比較してみた

    直接応募?知人紹介?人材紹介?薬剤師の転職方法を比較してみた

PAGE TOP