薬剤師の転職お役立ち情報

「登録した方が良いの?」「どう使うの?」薬剤師さんのための転職サイトの使い方

「転職 薬剤師」と検索すると、「転職サイトに登録しましょう」というサイトとか、転職サイトがたくさん出てきます。初めて転職される薬剤師さんの中には、「転職サイトって何?」と思われたり、転職をしたことのある薬剤師さんでも、「転職サイトって本当に登録した方がいいの?」と思われるかもしれません。

そんな疑問をお持ちのみなさんに、転職サイト転職サイトを運営する人材紹介会社について少し詳しくお伝えし、「転職サイトに登録した方が良いのか?」「転職サイトをどう使ったら良いのか?」という疑問にお答えしたいと思います。

転職サイトって何?

転職活動においては、どの企業(病院、薬局、製薬会社など)が、どういう条件(給与、勤務地、勤務時間など)で人材を求めているのかという求人情報を探し、得られた求人情報の中から応募する企業を選ぶという流れになります。求人情報を探す方法はいくつかありますが、その中の1つが「転職サイト」を活用する方法です。

転職サイトとは

転職サイトというのは、簡単に言ってしまうと求人情報が掲載されているサイトのことです。特に薬剤師さん向けの転職サイトには、薬剤師に特化した求人が掲載されています。多くの転職サイトでは、「勤務希望エリア」「希望職種・職場」「希望雇用形態」などで求人を検索することが出来ます。

ほとんどの薬剤師さん向けの転職サイトは人材紹介会社が運営しており、転職サイトは薬剤師さんが独力で求人を探すためというよりは、人材紹介サービスを利用してもらうために運営されている場合がほとんどです。

人材紹介会社とは

転職サイトを運営する人材紹介会社には、「転職コンサルタント(会社によって呼び方はさまざまです)」という、薬剤師さんの転職をサポートする仕事をしている方々がいます。転職コンサルタントは、薬剤師さんを募集している企業と日々コミュニケーションをとり、どういう条件でどういう薬剤師さんを採用したいのかという求人情報を収集しています。また、求人企業だけではなく、お仕事を探されている薬剤師の方々から、転職に関する希望をヒアリングし、希望に合致する求人をご紹介します。

薬剤師さんが転職サイトに登録をすると、転職活動のサポートをする転職コンサルタントが決まります。担当の転職コンサルタントからは、以下のように転職活動に関連する多岐にわたるサポートをしてもらえます。

  • キャリア面談を通じた希望条件の整理
  • 希望に合致する求人の紹介
  • 応募書類(履歴書、職務経歴書)の作成サポート
  • 面接対策
  • 条件交渉
  • 現職の退職手続き、入社手続きのサポート

人材紹介会社は求人企業からサービスの利用料をいただいており、薬剤師さんが人材紹介会社のサービスを利用するのは無料です。

転職サイトって使った方がいいの?

ここまでで、転職サイトや人材紹介会社について知っていただけたと思います。「求人を探して応募する」ということであれば、わざわざ転職サイトに登録しなくても自分で出来そうだと思われると思います。実際、知人からの紹介で転職される薬剤師さんも一定数いらっしゃいますし、その方が人材紹介会社を使うよりもメリットがあることもあります。そこで、転職サイトを使うメリットと、個人で応募した方が良い場合についてお伝えしたいと思います。

転職サイトを使うメリット

個人で転職活動をするのと比較して、転職サイトを使うと特に有用なのが「求人の紹介」と「条件交渉」です。求人を探すのは時間をかければ自分でも出来そうですが、ウェブサイトには掲載されていない非公開の求人も多数あり、求人企業と信頼関係を築いている人材紹介会社ならではの求人を見つけることは難しいです。また、勤務条件や給与など、自身では言いにくいことでも、転職コンサルタントが代わりに条件交渉を行う点は非常に大きなメリットです。

また、応募企業の情報量という観点では、転職コンサルタントは多数の薬剤師さんの転職サポートをしていることもあり、みなさんが応募する企業に既に入社している薬剤師さんの情報を持っていることもあります。転職コンサルタントは、実際に入社した薬剤師さんから職場の雰囲気や働きやすさについての話を聞いており、そういった情報を提供してもらえます。

最後に、これはあまり意識されることが無いかもしれませんが、転職活動において何かを決めきれずに迷っている時に、「こう考えると良いですよ」などと背中を押してもらえるのは良い点です。「どうすれば良いのか迷っている」という時でも、無意識的には「こっちが良いかな」という自分なりの結論をぼんやりともっていることが多いのですが、そういうところも汲み取って「こちらが良いと思いますよ!」と提案し、満足度の高い転職活動にしてもらうことは転職コンサルタントの1つの価値だと思います。

個人で応募した方が良い場合

薬剤師さんの転職活動においても、人材紹介会社を利用した転職活動が多くの比率を占めるようになってきてはいますが、まだ知人からの紹介で転職される薬剤師さんもいらっしゃいます。また、企業によっては知人紹介での採用を積極的に推進しているところもあります。さらには、人材紹介会社を利用せずに個人で直接応募をすると、入社時に一時金が支給されるケースもあります。

人材紹介会社を利用するのと全く条件が変わらず、入社時の一時金がもらえるのであれば金銭的にはメリットが大きいので、個人での応募をおすすめします。ただし、あくまで「人材紹介会社を利用するのと全く条件が変わらず」というところが重要です。人材紹介会社を利用する場合と比較すると、個人での応募はどうしても情報量が減ってしまいますので、信用できる知人からの紹介がある場合におすすめしたいと思います。


転職サイトや人材紹介会社についてご説明しましたが、「転職サイトに登録するか?」「個人で応募するか?」という選択ではなく、「転職サイトに登録しつつ、知人に紹介されて興味をもった企業には個人で応募する」という、合わせ技が一番おすすめです。知人から紹介された会社についても、転職コンサルタントに相談して意見を求めれば率直な意見がもらえます。

転職サイトに登録してみようと思われた方は、「元薬剤師向け転職サイトの中の人が、転職サイトの選び方を徹底解説!」も参考にしてみてください。

関連記事

  1. 大手チェーン薬局と中小薬局、転職するならどっち?(給与/働きやすさ/買収後のリスク)

    大手チェーン薬局と中小薬局、転職するならどっち?(給与/働きやすさ/買…

  2. ダメな転職エージェントの見分け方_アイキャッチ

    ダメな転職エージェントの見分け方

  3. 日本調剤が病院向け「産休・育休代替薬剤師派遣サービス」を開始

  4. 薬剤師の転職活動で知っておきたい、転職活動で成功するための3つのポイン…

  5. 薬剤師向け転職サイトの選び方

    転職サイトってどう選ぶの?転職サイトの選び方を解説します!

  6. 薬剤師の年収を上げる方法_アイキャッチ

    現役薬剤師/薬局人事の語る薬剤師の給与アップ方法まとめ

PAGE TOP