薬剤師の転職お役立ち情報

薬剤師が派遣として働くメリット・デメリット

薬剤師が派遣として働くメリット・デメリット

時給3,000円以上といった、高額求人が並ぶ薬剤師派遣、興味ある人も多いのではないでしょうか?
でも、なぜこんなに高い時給なの?興味はあるけど派遣で働くってちょっと不安、、、そんな風に思っている方も多いでしょう
今回は、薬剤師派遣の裏事情、そして派遣で働く事のメリット・デメリットを、私の人材紹介会社の中での派遣担当としての経験、そそして、薬局人事として派遣薬剤師を雇った経験から、お伝えします。

 

派遣で働くってどういう事?パートと何が違うの?

まずは基本的な事から。
派遣薬剤師とパート薬剤師での働き方をざっくり書くと下記の通りです。

パートの場合は特に細かい説明は不要だと思います。薬局に直接雇われて、時給1,800円~2,300円で特定の店舗で働くという事が多いと思われます。そして、薬局の社会保険に加入し、福利厚生も薬局のものが適応されます。

一方、派遣で働く場合は、派遣会社に雇用されて、その派遣会社から紹介された薬局の店舗で働きます。時給は高時給で2,700円~3,500円を超える場合も有り、パートよりも高額になります。雇用主は派遣会社ですので、派遣会社の社会保険に加入し、福利厚生も派遣会社のものが適応されます。

両者の違いをまとめると下記の表の通りです。

派遣薬剤師 パート薬剤師 実際の違い
雇い主 薬剤師専門の派遣会社 調剤薬局、ドラッグストア 雇い主が異なるため、給与の支払い元や勤怠表の提出場所が異なる
働く場所 派遣先の薬局の店舗 特定の薬局の店舗 ともに、薬剤師が同意すれば複数の店舗で働く事は可能
雇用期間 1店舗につき最低1~6ヶ月、ただし2年以上になる場合も有り 期間の定めなし 派遣の場合、契約期間が終われば次の店舗に移動(ただし人不足が更新される事は少ないので更新する場合が多い)
残業 原則無し(ただし本人が同意すれば可能) シフトを超えて働く事も有るが店舗次第 派遣の場合は契約で決まっているので残業を断りやすく、結果パートか正社員が残業しがちとなる
時給 2,400円~3,500円 1,800円~2,400円 派遣の方が高額
福利厚生 派遣会社の福利厚生 薬局の福利厚生 薬局の方が教育研修が充実している場合があるが、実際はほぼ違いはなし
有給休暇 有り 有り 法律によって定められているので違いは無い
社会保険 加入義務有り 加入義務有り 法律によって定められているので違いは無い
産休育休 有り 有り 法律によって定められているので違いは無い
仕事内容 調剤業務 調剤業務 法律上、派遣スタッフが管理薬剤師となる事はできない

 

このように書くと、色々と異なるように見えますが、働く薬剤師側が体感する上では、実務上、時給と雇用期間以外に大きな違いが無いとも言えます。というのも、仕事内容は同じ調剤業務ですし、福利厚生や保険に関しても、多くは法律で定められているので変更する事ができないからです。

薬剤師から見ると、普通に定時に薬局に行って調剤業務をして、普通に定時に帰るだけ。

変わるのは、派遣の場合は月末に勤怠用紙を提出する先が派遣会社で有る事と、有給休暇を取る際は、派遣会社に確認する事、そして職場での人間関係等で何か問題があった場合に相談する先が派遣会社である事です(ただし、調剤業務に関するトラブルや相談は基本的には薬局に相談するのが普通です。派遣会社は対応できないので)。

雇用期間に関しては派遣とパートでは大きく異なります。

派遣薬剤師の場合、最初に何ヶ月働きたいか、契約で定めます。勤め先がよくわからず、慎重に進めたい場合は、最初の契約期間は1ヶ月にする事もありますし、特に心配が無い場合は3~6ヶ月といった期間にします。そして、契約が終了する1~2ヶ月前になると、派遣会社の担当者から更新希望の有無が聞かれますので、問題ない場合は更新、違う薬局に変えたい場合は、その希望を伝えて、新しい派遣先を探してもらいます。新しい薬局が気に入った場合は、また契約という事となり、それを続けていくイメージです。

このように、細かい違いは有りますが、働く上で

✓派遣の場合は

 

派遣で働く事のメリット・デメリットは?

次に、派遣で働く事のメリット・デメリットをご説明します。

メリット1:時給が高い

一番大きなメリットは時給です!

派遣で働くと、時給2,400円~3,500円という、パートでは到達し得ない程の時給をもらう事ができます。全国平均は2,812円です。なかなこの時給はパートではもらえないですよね。

例えば、1日8時間×週5日のフルタイムで働く事を考えると、1年間の年収として、260万円の差が出てしまいます

■時給2,000円×週5日勤務×52週=520万円

■時給3,000円×週5日勤務×52週=780万円

この差は大きいですね。私の周りにも、結婚後にパートではなく派遣で働いている人は何人かいます。みんな、派遣で働いているいる理由は「時給が高いから」と言っています。

ちなみに、派遣薬剤師の実際の時給の統計情報は公開されています(派遣法の要請によって公開されているので、正確な情報です)。

業界大手のメディカルリソースさんが公開している各地域ごとの派遣薬剤師の時給データ(2016年4月1日~2017年3月31日)を地方毎にまとめると下記の通りです。

地域 平均時給
北海道 3,429円
東北地方 3,419円
関東地方 2,800円 ~ 3,167円
中部地方 3,855円
近畿地方 2,828円 ~ 3,472円
中国・四国地方 3,146円
九州 3,089円
全国平均 3,152円

※メディカルリソース株式会社の労働者派遣法に基づく情報公開より計算

メリット2:残業が無い

2番目に大きなメリットは、残業がない事ですね。契約によって稼働時間を明確にしてから働くので、シフトが終わったら残業する必要はありません。もちろん、薬剤師さんにとって問題がなければ残業しても良いですし、実際にそういう人は多いですが、そこは結構キチッと帰る事ができます。

メリット3:柔軟な働き方

3番目のメリットは、良くも悪くも勤務先が柔軟に変更できる事です。家の近くだけで働く事もできますし、1年に1回とかの頻度で勤務先を変えても大丈夫。人間関係が面倒になる事も少なく、さっと働いてさっと帰りたい人にとっては理想的な働き方でしょう。もちろん、人間関係を大事にしても良いですし、もし気に入った所があれば、そのままその薬局に就職する事も可能です(就職するとむしろ喜ばれます)。

ある派遣薬剤師さんは、夏は北海道で働き、冬は沖縄付近の離島で働いていました。家族がいるので私にはできませんでしたが、ちょっとうらやましかったです。。。

もちろん、メリットばかりではなくデメリットもあります。

デメリット1:それなりの経験を求められる

まずは、時給が高いので、それなりの経験を求められます。

大体、調剤経験3年程度の能力を求められるので、病院やMR出身で調剤薬局の経験が全く無い場合は、案件が減ってしまい可能性が高いです。未経験者の場合は、受け入れられたとしても、時給が下がったり、チクチク文句を言われたりする事があるので、精神的に嫌な思いをするかもしれません。

デメリット2:対応力が求められる

次に、短い場合は就業店舗が半年に1回程度変わる可能性が有るので、一つの薬局で落ち着いて働きたい方には向いていないかもしれません。店舗が変わると、電子薬歴システムの使い方が微妙に違ったり、薬剤の置き場所が微妙に違ったり、店舗独特のルールが合ったりして、やる事は一緒ですごく大変というわけではないものの、なんとなく大変な気持ちになる事があると思います。

 

派遣薬剤師はなぜ高時給なの?

ここで、薬局人事の立場として派遣薬剤師の時給はなぜ高いか?を説明します。興味が無い方は読み飛ばしても大丈夫ですよ。

ズバリ、薬剤師不足過ぎて、パートでは人が雇えないから、です。もちろん、時給3,000円の募集を出せば、パート薬剤師を雇う事はできるでしょう。でも、大手以上の薬局になると、社内の内規で時給上限が決まっていたりして、動かす事が困難な場合が多々あります。

また、薬局の人事と経営の立場として一番怖いのが、時給3,000円で募集を出すと、既存のパート薬剤師の方がチラシや求人を見たりして、「なぜ同じ業務なのに私は時給が2,000円なの?私も時給を上げてほしい!」というような要求が上がってくる可能性が有るという事です。

これに対応する事を考えると、経営判断上こっそり派遣の薬剤師を雇うのが一番ラク、という事となるのです。派遣薬剤師の給与は派遣先から直接支払われるので、派遣薬剤師の個々人の時給は、実際は店長はおろか、薬局の人事も知る事はできません(という事に建前上なっています)。そういった理由があるので、派遣薬剤師の給与は高いのです。

また、もちろん薬剤師の数が増えて、薬剤師の採用が難しくなくなってきたら、派遣薬剤師から直接雇用の薬剤師に切り替えます。ただし、昨今の需給ギャップを考えると、そういった状況になるのは10年以上先でしょうね。。。

実際、高齢化や薬剤師の仕事の増加量(在宅とか)に比較して、薬剤師の増加数は微々たるものなので、派遣薬剤師のニーズは減るどころかむしろ増えているのが実情です。

 

派遣薬剤師に対するよくある誤解

最近はそもそも派遣で働く人の数が増えてきていて、あまり珍しくなくなったのですが、昔(特に6年制導入後の空白の2年間前まで)は、派遣薬剤師が珍しかったので、派遣薬剤師に対するイメージはあまり良いものではありませんでした。そのため、まだ悪いイメージを引きずっている場合があるようです。ここでは、派遣薬剤師に対する典型的な誤解と実情を説明します。

誤解1:福利厚生が無い?

派遣薬剤師も、薬局薬剤師と同意水準の福利厚生を受ける事が可能です。

福利厚生は、大きく分けて法定の福利厚生と会社独特の福利厚生の2つに分けられます。

前述の通り、法定の福利厚生(有給休暇、産休・育休、社会保険)については法律で定められているので直接雇用(パート・正社員)の場合も派遣薬剤師の場合も違いはありません

会社独特の福利厚生に関しては各社異なりますが、薬剤師賠償責任保険にも加入してもらえますし、各社が加入する保険組合が保有するホテルや保養施設を使う事もできますので、大きな違いはありません。強いて言えば、薬局に所属した方が、教育研修制度が充実している場合が多いです。そこにメリットを感じない場合はほぼ同一水準です。

誤解2:仕事がある日突然無くなる?

派遣法、薬局が派遣薬剤師の契約をすぐに終わらせる事はできません。最短でも1ヶ月以上前に連絡をしなければならないので、すぐになくなるという事はできません。すぐに切りたい場合は、1ヶ月以上の薬剤師の給与を全額支払う必要がありますので、そういった事をする薬局はまずありません。

そして、昨今の薬剤師不足の状況だと、都心でも1人薬剤師につき10件以上の派遣案件があるので、仕事が無くなる事は考えられないですね(例えば徒歩15分以内や時給4,000円以上といったよほど厳しい条件をつければ別ですが。。。)。

実際に、私が薬剤師専門の紹介会社でコーディネーターをしていた時も、3日もあれば5件以上の派遣案件を近隣で見つける事ができました。これは普通の派遣では考えられないので、薬剤師ならではの特権ですね。

 

薬剤師紹介会社の選び方

派遣で働いても良いな、と思ったら派遣会社を選ぶ必要があります。選ぶポイントは主に3つです。

ポイント1:大手の薬剤師専門派遣会社を選ぶ

派遣薬剤師になる最大のメリットは、時給が高い事です。当然、時給が高い案件で働くのが良いのですが、高い時給を引き出すためには、派遣会社が薬局と交渉力を持っている事が重要です。その交渉力の源泉は、「過去の取引実績」と「派遣会社がどれだけたくさんの派遣薬剤師を抱えていて、すぐに薬剤師を派遣できるか?です。そうすると、必然的に大手派遣会社が有利になり、時給が高い求人は、大手派遣会社に集まる事となります。私が薬局人事をしていた時も、大手派遣会社の方が中小派遣会社よりも高く支払っていました。

ポイント2:複数の派遣会社に登録して比較する

大手派遣会社には複数登録した方が良いです。というのも各会派遣社も世の中の全薬局と取引できているわけではなく、それぞれ得意先がいます。そして、その中のどの薬局が登録のタイミングで一番良い条件を出せるかは、その瞬間の状況次第なので、事前には誰にも分からないからです。

そのため、複数登録して、各案件を比較検討するのが大事です。登録するのは無料ですからね。

実際に私が対応した薬剤師の方は、2~3社の派遣会社に登録して、適宜最も良い条件の会社に乗り換えている方が多かったです。最初に3社くらいの派遣会社に登録し、並行して話を聞きながら一番良さそうな派遣会社に絞っていくのがおすすめです。最初に1社だけ登録し、不満があれば別の派遣会社に登録するという方法もありますが、1社だけだと紹介される案件の相場観がわからないですし、良い案件を逃してしまう可能性も有ります

ポイント3:信頼できる担当者を選ぶ

複数社に登録して、担当者と話したら、担当者がしっかりしているかを確認しましょう。というのも、派遣の場合は、人材紹介と違って、担当者とずーっと付き合っていくからです。何か問題があったり、手続きがあったらその担当者とやりとりするのですが、その人がダメな場合は結構フラストレーションがたまるものです。場合によっては、その担当者の交渉能力が無いために時給がなかなか上がらなくなるという事もあり得るのです。もちろん、途中で変わってもらう事も可能なのですが、良い担当者がいる会社を選んだ方が良いでしょう。

 

おすすめ薬剤師専門の派遣会社3社

おすすめの派遣会社は少ないです。そもそも、薬剤師の派遣をメインで行っている会社が3社しかいないのでその3社を選べばハズレはありませんし、前述の通り複数登録をおすすめしますので、3社登録するのが良いと思います。それでも、1社を選びたい方のために、敢えてランキングにすると下記の通りです。

 

第1位 ファルマスタッフ

対応エリア
全国
薬剤師派遣求人数
3,804件(2018年6月現在)
最高時給案件
5,500円(住居・移動費支給)(2018年6月現在)
特徴
薬剤師派遣の最大手で、大手調剤薬局の日本調剤のグループ会社である株式会社メディカルリソースによって2000年より運営されています。薬剤師派遣では、日本調剤だけではなく幅広く派遣先の薬局があり、求人数も豊富です。また、北海道から九州まで全国15拠点のオフィスがあり、薬剤師さんの紹介先、派遣先の就業場所の情報を把握しています。

第2位 薬キャリ

対応エリア
全国
オフィス所在地
東京、大阪
薬剤師派遣求人数
4,234件(2018年6月現在)
最高時給案件
時給5,950円(2018年6月現在)
特徴
薬剤師派遣会社としては新しいながらも、対応スピードの速さや高い時給案件の獲得で、急速に人気が出ています。薬剤師さんの希望に沿った求人を根気よく探したり、希望に合致するように条件交渉をしてもらえることが高い満足度につながっているようです。

関連記事

  1. 転職活動って何をすれば良いの?薬剤師さんに手順と情報収集のコツ教えます…

  2. 薬剤師の転職活動で知っておきたい、転職活動で成功するための3つのポイン…

  3. 薬剤師向け転職サイトの選び方

    転職サイトってどう選ぶの?転職サイトの選び方を解説します!

  4. 薬剤師の職場/職場別のお仕事内容/給与水準

  5. 「登録した方が良いの?」「どう使うの?」薬剤師さんのための転職サイトの…

  6. 大手チェーン薬局と中小薬局、転職するならどっち?(給与/働きやすさ/買収後のリスク)

    大手チェーン薬局と中小薬局、転職するならどっち?(給与/働きやすさ/買…

PAGE TOP